自然・体験

宝蔵寺の大けやき

樹齢およそ950年以上と言われる大けやき。「槻木(つきのき)」と呼ばれ、幹回り約11m、樹高約38mで、太さ、樹勢ともにけやきでは県内一と言われており、神宮寺の宝蔵寺の境内にそびえ立っています。宝蔵寺は戊辰戦争の戦火を受けており、火災にも何度も遭っていますが、大けやきだけは免れ、これまで起こった出来事を深く記憶しています。JR神宮寺駅より徒歩10分。

  • 所在地
  • 大仙市神宮寺字神宮寺上町
  • 連絡先
  • 宝蔵寺
  • 電話番号
  • 0187-72-4042

宇津野のしだれ桜

秋田県でも最古の名木と言われる桜。山間に自生する「エドヒガン」の一種で、枝がしだれる品種です。エドヒガンは長命な樹種ですが、目通り周囲が5mを越すような巨樹は珍しく、昭和22年に県の天然記念物に指定されました。JR羽後境駅からバスで15分、宇津野入口下車徒歩3分。秋田自動車道協和ICから車で約20分。

  • 所在地
  • 大仙市協和船岡宇津野249
  • 連絡先
  • 大仙市協和公民館
  • 電話番号
  • 018-892-3820
  • 開催時期
  • 4月下旬〜5月上旬

鬢垂(びんだれ)のシダレグリ

県内では唯一自生しているシダレグリ。普通のシバグリが偶然に変異したものといわれており、旅の僧が飛騨の国から持ってきたという伝説も残っています。推定樹齢約300年。昭和48年に県の天然記念物に指定されました。JR奥羽本線羽後境駅から北東へ12km。羽後交通船岡線(境営業所発)下庄内バス停で下車し北東へ徒歩で22分。秋田自動車道協和ICから車で約30分。

  • 所在地
  • 大仙市協和船岡字庄内
  • 連絡先
  • 協和公民館
  • 電話番号
  • 018-892-3820