歴史・文化

大盛館(民俗資料展示館)

荒川鉱山の資料を集めた展示館。大仙市協和荒川にあり、佐竹藩の下で開発が進められました。採掘された鉱物・鉱石が展示され、坑内作業の様子が人形で再現されています。「おりん口伝」松田解子文学碑、文学記念室も併設されており、旧協和町出身の陶芸家・進藤修氏による焼き物も展示しています。秋田自動車道協和ICから車で20分。JR羽後境駅から車で15分。

  • 営業時間
  • 9:00〜16:30 ※月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月29日〜1月3日)休館
  • 所在地
  • 大仙市協和荒川字荒川前9番地1
  • 連絡先
  • 大盛館
  • 電話番号
  • 018-881-8035

大仙市総合民俗資料交流館「くらしの歴史館」

平成20年に閉校した峰吉川小学校校舎を活用した資料館。大仙市に伝わる衣・食・住の歴史や文化を深く知れるよう、民俗資料の展示だけではなく、往時の街並みや自然豊かな里山も再現しています。資料は約4,000点。市指定文化財である「蛭川渡船場の渡しぶね」も展示しています。かつての音楽室では懐かしの名曲を聴いたり、3階の展望交流室では秋田新幹線こまちを眺めることもできます。JR峰吉川駅から徒歩18分。
消防設備の故障により、現在休館中

  • 営業時間
  • 消防設備の故障により、現在休館中
  • 所在地
  • 大仙市協和峰吉川字南明谷地1
  • 連絡先
  • 4月~12月…くらしの歴史館        1月~3月…大仙市文化財保護課
  • 電話番号
  • くらしの歴史館 018-895-2220      大仙市文化財保護課 0187-63-8972
  • 開催時期
  • 初夏 5月19日(土)〜6月10日(日)   花火 8月24日(金)〜8月26日(月)   25日(土)は12:00まで                   秋季 10月20日(土)〜11月18日(日)  休館日なし

かみおか嶽雄館(がくゆうかん)

少年野球発祥の地として知られ、神宮寺尋常高等小学校に赴任した富樫武治が東京で身に付けた野球を生徒に指導し、明治36年に野球選手任命状を交付したのが始まりです。野球選手任命状のほか国内外のプロ・アマチュア野球関係の資料を多数展示し、野球を学習するコーナーなどもあります。JR神宮寺駅から徒歩15分。

  • 営業時間
  • かみおか嶽雄館… 9:00〜21:00 神岡図書館 …9:00〜18:00 野球資料館 …9:00〜17:00
  • 所在地
  • 大仙市神宮寺字下川原前開102
  • 連絡先
  • かみおか嶽雄館
  • 電話番号
  • 0187-72-2501

国指定史跡「払田柵跡(ほったのさくあと)」

秋田県初の国指定史跡。今から約1200年前の平安時代の初期、律令国家がこの地の統一を進めるために造り、役所や軍事、儀式の機能を持ったとされる遺跡です。しかし、歴史上の名称も未だ解明されていないなど、多くの謎を秘めています。外柵は高さ3.6mの材木塀で周囲3.6kmを囲んでおり、東北最大級の広さを誇ります。復元された外柵南門を通り、古代ロマンをお楽しみください。JR大曲駅から車で約15分。秋田自動車道大曲ICから車で約25分。

  • 営業時間
  • 9:00〜16:00
  • 所在地
  • 大仙市払田字仲谷地95
  • 連絡先
  • 払田柵総合案内所・大仙市文化財保護課
  • 電話番号
  • 払田柵総合案内所 0187-69-2397     大仙市文化財保護課 0187-63-8972
  • 開催時期
  • 常時公開 ※総合案内所は4月〜11月無休、12月〜3月要予約

国宝「線刻千手観音等鏡像(せんこくせんじゅかんのんとうきょうぞう)」

秋田県唯一の国宝。。延宝5年(1677年)に現在の中仙地域豊岡地区で開墾作業中の堰から発掘された、平安時代後期(11世紀頃)の作と見られる青銅の鏡。鏡面には中央に千手観音立像、左脇下に功徳天、右脇下に婆蘇仙、その左右を囲むように観音八部衆(守護神八体)が精巧に線刻され、背面は水鳥と蝶を配し、「嵩紀、仏師僧、大趣具主 延歴僧仁祐 女具主 藤原安女子」の三行が彫られています。毎年8月17日、水神社の例大祭で一般公開されます。JR羽後長野駅から車で10分。秋田自動車道大曲ICから車で約35分。

  • 所在地
  • 大仙市豊川字観音堂
  • 連絡先
  • 大仙市文化財保護課
  • 電話番号
  • 0187-63-8972
  • 開催時期
  • 中仙市民会館「ドンパル」に複製が展示されており、開館中は自由に閲覧できます。

まほろば唐松「能楽殿」

県内唯一の本格的能舞台で、京都西本願寺・北能舞台を模して造られました。舞台背面に描かれた若々しい松と正面の立派な二本の柱が印象的で、屋外で演じられていた能本来の姿を伝えるにふさわしい堂々たる舞台となっています。秋には年1回の「能公演」が行われ、能の世界を存分に堪能することができます。秋田自動車道協和ICから車で10分。JR羽後境駅から徒歩で15分。

  • 営業時間
  • 現在休業中(平成29年の大雨被害のため)
  • 所在地
  • 大仙市協和境字唐松岳44-2
  • 連絡先
  • 大仙市協和公民館
  • 電話番号
  • 018-892-3820
  • 開催時期
  • 定期能公演 平成30年9月1日(土)  12:00開場 13:00開演