秋田生まれのこだわりソーセージ

「秋田発ソーセージ革命」ヨーロッパ伝統の精肉技術で仕込んだこだわりのソーセージ。ポーランドから大仙市へ移住したタベルスキ・マイケル氏が、手頃な価格で安心・安全とユニークな美味しさのコラボレーションを可能にした本物のソーセージです。【販売場所】タカヤナギ県内15店舗、いとく県内17店舗、秋田空港、道の駅取扱店、安藤醸造元北浦本店、肉のわかば、大仙工場直売所等

  • 営業時間
  • 月曜日〜土曜日 9:00〜17:00       定休日 日曜、祝日
  • 所在地
  • 大仙市堀見内字穴沢3-1
  • 連絡先
  • ポルミート大仙工場
  • 電話番号
  • 0187-73-6029

甘酒

砂糖や添加物を一切加えず、水、もち米、麹だけを原料に作ったノンアルコールの甘酒。販売店により製法はそれぞれ異なりますが、甘酒は栄養価の高い点滴とほぼ同じ成分でできているため、「飲む点滴」と呼ばれ高齢者からお子様まで幅広い年齢層の方に好まれています。【販売場所】藤本商店、池田珍味店、市内スーパー他

いぶりがっこ

じっくりと燻した大根を一本一本吟味し、最小限の塩分と甘味料を加え、新鮮な米ぬか床に数カ月漬けこみ熟成させたもの。秋田県に古来より伝承されている代表的漬け物。それぞれの農家や家庭によって味が違い、チーズとコラボした商品や大根以外のいぶり漬けも人気。【販売場所】秋田県内の道の駅、スーパー、首都圏のアンテナショップ他

恋ベリー

糖度が高く、肉厚な食感のハート型のミニトマト。トマト特有の苦味や臭さがほとんどなく、フルーツ感覚で食べられ、トマト嫌いのお子様にも大人気です。その食べやすさから、お菓子などに使われることもしばしば。ハート型なので、大切な人へのギフトにもおすすめです。【販売場所】㈱秋田農販本社、大仙市内のスーパー、道の駅 他

  • 連絡先
  • ㈱秋田農販
  • 電話番号
  • 0187-74-3037

三杯餅

三杯もちとは江戸時代から受け継がれる【秋田伝統・もっち餅の小豆あん】。昔は「みそ」「はなみそ」とも呼ばれ、冠婚葬祭や祭りの時に振る舞われるハレの日の菓子です。口に入れると、まずはお餅のやわらかさ。噛めば小豆あんの風味がひろがり、あんこの美味しさ。羊羹? あんこ餅? ういろう? ゆべし? どれとも異なる独特の美味しさ。どこか懐かしいけど例えようがない、ちょっと驚きの食感と味わいです。【販売場所】菓子司つじや(JR大曲駅から花火通り商店街を徒歩5分)、市内スーパー 他

万能つゆ 味どうらくの里

和・洋・中…全てに使える万能調味料です。本醸造しょうゆにかつおだしを加え、うま味・甘みをバランス良く仕上げました。濃縮5倍だから使い方も色々。お醤油代わりにも、薄めて麺つゆ・天つゆ・煮物・鍋物などにも使えます。お土産や贈り物としても喜ばれる商品です。道の駅かみおかでは、味どうらくを使用した「コラボ商品」味どうらくソフトやラスク、ドロップス、かりんとう、くるみゆべし等も人気です。【販売場所】県内のスーパー、道の駅かみおか他

  • 連絡先
  • 東北醤油㈱
  • 電話番号
  • 0187-72-2020(代)

大曲納豆汁

古くから大曲で家庭の味として親しまれている「大曲納豆汁」。山菜、きのこ、高菜、豆腐、油揚げなど、入れる具材は各家庭によってこだわりがありますが、具だくさんの味噌汁にトロトロに磨り潰した納豆が溶けています。 発酵食文化と保存食文化が融合した、ヘルシーで伝統的な家庭料理であり、冠婚葬祭や年末年始などハレの日に欠かせぬ行事食でもあります。市内の大曲納豆汁認定店で食べることができます。

  • 連絡先
  • 大曲納豆汁旨めもの研究会(菓子司つじや内)
  • 電話番号
  • 0187-62-0494

大曲カレー旨麺(うーめん)

1965年、今から50年以上も前に大曲の駅前で自然発生的に生まれ、今も地域の皆様に愛され続ける大仙市大曲地域のご当地グルメ。ラーメンの麺にうどんそばに使う和風のだしつゆをかけ、さらにその上にカレーを。カレーラーメンともカレーうどんとも異なる、在りそうでない、懐かしいようでどこか新しいような独特の味わい、それが「大曲カレー旨麺」です。現在は、大曲駅前の「和ダイニングふじ」・大曲厚生医療センター隣接Anbee大曲2階「レストランひかり」・道の駅なかせん・西仙北刈和野としま食堂などで召し上がることができます。

  • 連絡先
  • 大曲カレー旨麺同好会 担当:樫尾
  • 電話番号
  • 090-1067-4129

イワナ・ヤマメ

仙北地方は奥羽山脈の山並みから流れる沢がたくさんあり、昔から渓流釣りが盛んです。イワナ・ヤマメは川で獲れるだけでなく、協和地域では養殖や放流事業も活発に行なわれています。大仙市協和特産のイワナの糠漬は「大仙市特産品開発コンクール」で最優秀賞を受賞しました。【販売場所】道の駅協和、協和温泉四季の湯

  • 連絡先
  • 大仙市協和支所農林建設課
  • 電話番号
  • 018-892-3695

ラーメン

大仙市は「おいしいラーメン屋が多い激戦区」。ラーメンという食べ物を通して秋田をもっと面白く!とラーメン店の仲間同志で設立した「秋田RAMENイっちょやったろ会」会員店も市内に複数あります。大曲エキまつりのラーメンフェスも名物イベント。地元で人気のラーメン店を巡り歩き、ラーメン好きなあなたの満足する一品を見つけてみてはいかがでしょうか…